TOEFLのテストの点数で悩んでいる方の為に


TOEFLのテストの点数で悩んでいる方の為に
・90点以上取れてるのであれば、前に進んでも良いのでは?
・applyの要綱とか作っているのは大学の事務方
 選ぶのは各部門のadmissionチーフとか選抜委員会とか
・多分どこの大学(院)も、各部ごとに応募要項とか作っていないはず
 全部まとめて大学側が基準を晒しているだけ
 でも、冷静に考えて心理学を学ぶ奴と工学を学ぶ奴の語学力が
 同一でイイなんて、学生を選ぶ側(=教授)は思っていない
・アメリカの学生でも、GREやGPAが優秀でも落ちていて、
 それ程パッとしない人が受かるのは、エッセーが光っていたとか、
 コネが在ったとかなんだけど、一番良く在る事が、「前から知ってた」って事
 よく、教授訪問して自分を売り込む、みたいな話、聞いた事ない?
・TOEFLの功罪については、アメリカの先生たちが一番よく判っている
 だから、その先生たちに自分を「英語で」売り込めば、ちっとばかり点数低くても
 選んでくれるとは思わないかい?
 繰り返すけど、応募要項を決めている人と教授は違うんだよ、って事
上に書いたような事は、中国や韓国が国ぐるみで体系化した、一種の留学マニュアルを
作っていたから、今まで相当な中韓の留学生が居たけど、それも米では問題視されてる
だって、教授とのコネクション作る学生が、一端の専門家気取りでご高説並べても、
絶対に嘘だと判るよね?教授達は、応募してくる学生の能力何てちゃんと判ってるんだから、
素直に自分の熱意をアピールする方がずっと印象が良い

後は自分次第だと思う 頑張って

posted by 留学 at 12:46 | TOEFL(トーフル)